イージーターンの使い方 手提げ用の紐作り・紐通し

準備でいろいろ作らないといけないけど、洋裁が苦手な私にもできるかな?

もっと楽に作れたらいいのにな

入園・入学準備に必要なトートバックや着替え袋など、洋裁が苦手な方は億劫になる時期でもありますね。洋裁が好きな方にももっとスムーズに作れるように、今回は手提げ用の紐作りと、紐通しの方法をご紹介します。色んな作り方があるので、一つの参考になればと思います。

イージーターンを使って紐作り

イージーターンとは

イージーターンとは、あまり聞いたことのない名前ですが紐通しや、中表に縫ったループ状の生地をひっくり返す為に作られた商品です。クロバー商品で手芸屋さんでも販売しており、大小の2本セットになっています。今回使用するのは小のサイズになります。

1.アイロンで折る

中表に縫った生地の片方の縫い代をアイロンで折ります

2.クリップ部分に生地を挟みひっくり返す

穴の中にイージーターンを入れ、クリップ部分に生地を挟みます。この時、生地に穴が開くことがあるので、縫い代部分に挟むと良いです。

ゆっくりと中へ押し入れていきます。最初が入れにくいです。

先が出てきたら、クリップ部分から生地を外して、手で引っ張って最後までひっくり返します。

3.アイロンで整える

綺麗にアイロンで整えたら完成です。ひっくり返すのが楽しくなる洋裁道具です。

youtubeに詳しく載せていますので合わせてご覧ください。

イージーターンを使って紐通し

この商品の良いところ

  • 長い距離を通すのが楽
  • 平になっているので紐がクルクルと回らない
  • 紐を固定する部分の工夫がありしっかりと挟んでくれる

紐通しの洋裁道具は様々ありますが、こちらの商品の良いところはこのようなところです。私はとても使いやすくて助かっています。

このように紐を穴の中に通して固定し、巾着袋の穴に通していきます。簡単で早く紐が通せ、巾着袋作りがもっと楽しくなりますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。