【1ヶ月間】自分の素肌力を育てる化粧水作り~ベタイン①~

ベタインってなに?

グリセリン化粧水は肌に合わなかったから次は大丈夫かな?

前回は植物性グリセリン化粧水を手作りして試してみましたが、私の肌にはあわなかったので、今回ベタイン化粧水を試してみることにしました。

参考にした本は薬剤師の方が書かれたものです↓

ベタインとは

ベタインは砂糖大根から精製した天然のアミノ酸系保湿成分です。肌の機能を損ねないので乾燥が気になる方はたっぷり使っても大丈夫のようです。白い粒上の粉です。水にすぐ溶けて透明になります。無臭。

私の場合20gで3ヶ月ほど作れます。保湿力が高く空気中においていると液体になるので、保管はジップロックに入れて、空気に触れないようにしてください。このぐらいの量だと扱いやすくてよかったです。

ベタイン化粧水を1カ月間使用してみて

私はこちらの化粧水が肌に合っているみたいです。以前植物性グリセリン化粧水を1ヶ月ほど使用したら、Tゾーンにニキビがでてきて私の肌には合いませんでした。そして、こちらのベタイン化粧水に変えたところニキビは治ってきて後もう少しでなくなりそうです。頬っぺたは、柔らかく、もっちりしてきて、色もワントーン明るくなって、肌のきめも細かくなってきました。今まで市販の化粧水を使用しても、こんな変化無かったので、驚きました。毎日のスキンケアがとても楽しくなってきました。作り方もとてもシンプルなので、無理なく続けていけそうです。またお値段もすごく安いです。

【私のベタイン化粧水の作り方】

材料(1週間分)

  • ベタイン 1.5g
  • ブリタの水 50ml
  • 煮沸消毒した瓶

瓶の中にベタインと水を入れ混ぜれば出来上がりです。作った化粧水は冷蔵庫で保管し1週間で使い切りましょう。

手作り化粧水には、よく精製水を使用しているのですが、毎回買うのは大変だし余ってしまうので、浄水器を通した水道水を使用しています。私は長年愛用しているブリタの水を使用してます。皮膚科医の菅原由香子さんの本に使用して大丈夫とのっていたので使用しました。↓こちらの本を2冊読ませていただきました。

【現在のスキンケア方法】

石けん洗顔の後にベタイン化粧水をつけるだけです。肌が乾燥するなと思ったら、そのつどつけて保湿しています。肌への浸透性も良くて、つけた後はさっぱりしています。肌につけるのはベタイン化粧水だけ(9~10月)だけど、今のところこれで大丈夫そうです。(冬になったら、乾燥ひどくなるかな?)私の場合1週間分50mlを使い切って、新しい化粧水を作っています。作った化粧水は冷蔵庫で保管しています。

【手作り化粧水にしてよかったこと】

  • 自分の肌を見つめ直すきっかけになった
  • 自分に必要なものがわかった
  • 肌の変化がわかりやすくなった
  • 化粧水を買いにいかなきゃ!が無くなった
  • どの化粧水がいいのか迷わなくなった
  • ゴミが減った
  • 安心して使用できる
  • 効果がある
  • 結果節約になった

前回のグリセリン化粧水から約2ケ月間手作り化粧水でスキンケアをしてきて、肌が変わってきたなと実感しています。ターンオーバーが正常に行われているのかなと思います。市販の化粧水では出なかった効果が出ており、とても嬉しい発見でした。今回自分に合う化粧水に出会えて大変嬉しいです。しかも簡単に作ることができるので、続けていけそうです。この場をかりて、マダム・カヤヌマさんに感謝申し上げます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。