丸ごと食べれる~ゴーヤ~

中ワタと種は食べたらだめだと思っていました

どうやって調理したらいいの?

夏になるとゴーヤチャンプルーが食べたくなります。旬の野菜を食べると体が喜ぶ気がするんですよね。そして、ゴーヤってどんな栄養があるのかなと思って調べてみると、ゴーヤは丸ごと食べられるものだと知りました。知らなかった…。今まで中のわたと種は捨てていました。むしろ食べたらいけないものだと思っていたぐらいです。

ゴーヤの栄養素(100gあたり)

  • ビタミンC76mg…水溶性ビタミン(水にとけやすい)、抗酸化作用、免疫力を高める、メラニン生成を抑制、ストレスを軽減、コラーゲンの生成を促す
  • βカロテン160μg…抗酸化作用、必要量に応じて体内でビタミンAに変換、粘膜を丈夫にする、美肌効果、がん予防、目に良い
  • カリウム260mg…高血圧予防、筋肉の収縮をスムーズにする
  • 食物繊維2.1g…腸内環境を整える
  • ビタミンK41μg…脂溶性ビタミン、血液の凝固、丈夫な骨を作る
  • 葉酸72μg…造血作用

水分も非常に豊富な野菜でワタや種には果肉の約3倍のビタミンCが含まれていまいした。

今まで栄養を捨てていてもったいないことしていました。これを知ってからゴーヤを買ったら、丸ごと食べれるレシピを作るようになり、品数も増えて助かります。

ゴーヤ丸ごとレシピ…ゴーヤチャンプルー・ゴーヤお味噌汁・種スナック

①ゴーヤの表面を水で洗う


②中ワタをスプーンでとる

③5㎜内ぐらいにスライスし、塩小さじ1で揉み、10分ほどおいて水分をだす。その間に②の中ワタをワタと種に分ける


④ワタを適当な大きさにちぎりお味噌汁の具材にします。麩みたいな感覚ですが、少し苦みがありました。お好みの具材をたしてお味噌汁の完成

⑤種は耐熱ボールに入れて600Wで1分ほどチン

⑥レンジをかけたものをこんがりするまでフライパンで素焼きし、お好みで塩をふって完成。2歳の息子はこれが大好きですぐ食べてしまいます。香ばしくて触感が美味しいんだと思います。


⑦今回のゴーヤチャンプルーはひき肉で調理しました。塩もみしたゴーヤを軽く水洗いしてそのままよく炒めます(下茹ですると最大70%のビタミンを失うので注意)これで完成


これを知ってから毎回作っています。1つの野菜で色んな触感が楽しめるのがいいですね。品数が増やせて私は助かります。生ごみも減らすことができるし、家計も助かるし、美味しいし、栄養も取れていい食材ですね。その他の野菜も捨てなくていい部分があるかもしれないので、見直してみようと思いました。

我が家の愛用品のフライパンで作りました。鉄分も取れるようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。