家庭用ミシンは定期的に簡単お掃除

入学シーズンはミシンを使用する方が多いと思います。眠っていたミシンをだして、まずはホコリをとってから縫ってあげると調子がいいですよ。
こちらのbrotherPC-6000は母が私に買ってくれた大切なミシンです。もうかれこれ10数年経ちますが現役バリバリで動いてくれています。

まずは針板を外します。ねじ回しには、付属でマイナスドライバーがついていますが、角度的に回しにくいので、私は10円玉を使って開け閉めしています。

このようにジャストフィット!

釜が外れるのでそれも取り外します。そして、付属で付いているブラシを使用し、大きなホコリやごみを取っていきます。ごみが吸い付いてとっても気持ちいいです。隙間にもブラシを入れて中のホコリをとります。とれたホコリは、捨てるハギレ生地を使うと無駄がなくていいですよ。

仕上げにハギレを小さく切って、ピンセットに巻き付け、釜の外側も拭き取っていきます。

ホコリをしっかりキャッチしてくれます。ミシン全体もハギレで拭き取ったらお掃除完了です。かんたんにスッキリ綺麗にお掃除できました。定期的にお掃除をしてメンテナンスしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。